2017年6月29日 (木)

テンジン・チョーギャルのこと

12003321_516727378483035_4552789895

「パティ・スミスのバンドやローリー・アンダーソンとともに、彼はヒマラヤに生まれた人々の深い哀しみや力強い愛を歌った。この夜、最も啓示的な音楽だった」(ローリングストーン誌)

「力強く、その超越した歌声と同じぐらい見たら微笑まずにはいられない その笑顔に感動した」(ビルボード誌)

沖縄ツアーのチラシに掲載された記事は、ニューヨークのカーネギーホールで歌うテンジン・チョーギャルの様子をレポートしたものだ。毎年のように来日している彼だが、昨年はパティ・スミス、フィリップ・グラスらとともにすみだトリフォニーの大きなステージにも立っている。パティらが呼びかけ人となって毎年カーネギーホールで開催されているチベット支援コンサートへは5年ほど前からほぼ毎年出演している。

シンガーソングライターである彼の音楽はチベットの保守的な層からは当初異端と看做されていたという。実の兄ダワ氏はチベットの伝統音楽、舞踊を受け継ぐTIPAのエリートだったが、本人は若い頃カタック・ケンドラでタブラを学んでみたものの性にあわず、20代の頃はオリジナルの歌を作ってダラムサラの町で歌っていた。その頃日本の歌手nanacoさんとも出会っている。

伝統的な弦楽器であるダムニェンにギターのネックを取り付けて改造するかと思えば、足を踏み鳴らし、聴衆を巻き込み、楽しげに歌う。若いミュージシャンであった彼は欧米人の女子からかなりモテたようだ。あるイベントで歌ったとき、一度に3人から告白されたという、そのうちのひとりが今の奥さんなんだ、と教えてくれたことがある。

結婚後移住したオーストラリアでは、最初の何年かは介護の仕事をしつつ音楽活動をしていたという。やがて音楽が評価されどんどん演奏の場が広がっていった。大きな音楽フェスティバルにも次々と呼ばれる。生活を支えてくれた介護の仕事を辞めて、音楽一本で生きていくようになる。寺原太郎とはこの頃出会った。タブラ奏者シェンの紹介だった。

演奏活動が波に乗ってきたとき、彼がスタートしたのは、チベットの文化を紹介するフェスティバルの開催だった。ブリスベンには発電所だった古い建物をリノベーションした「ブリスベンパワーハウス」という文化施設がある。その会場が数日間に渡って彼のイベントのために提供されることになった。数人のチベット僧がインドから招かれ、オーストラリア全域のチベット人アーティストやミュージシャンが一堂に会し、チベットの絵画、舞踊、砂絵曼陀羅、ワークショップ、映画上映、コンサートなどが行われていく。豊かな色彩とあたたかい支援に満ちたこのやさしい時間を毎年楽しみにしている人も多い。政治的な言論やデモ行進ではなく、チベットの文化の奥行きや魅力を伝えていく。それは彼の音楽と同じだと思う。

彼が紡ぐ歌詞は多くの言葉を費やさない。空を自由に飛ぶ鳥に、帰ることのできない故郷への言付けを頼んでみたり、般若心経を足を踏みならすロックに仕立ててみたり。隠喩に満ちた最小限の歌詞。ソフトな入り口から入った我々は、その奥にたたずむ深い哀しみと愛情を感じ取ることができる。彼の圧倒的な歌声の中に、チベット人であるという現実と伝統、そして卓越した歌い手としての能力すべてが現れる。

【Eng.】Tenzin Choegyal Japan Tour 2017

B5_ol

Tenzin Choegyal (Tibetan singer song writer from Australia)
http://www.tenzinchoegyal.com/

Taro Terahara (Bansuri player)
https://srgmtaro.jimdo.com/

Guest Musicians

Ayako Ikeda (Tabra player)
http://ayako0109.wixsite.com/ayako-ikeda/

Eyllie YamamotoVocal

Daifuku(Band)

Padge(Band)

Mariko Sawai(Vocal, Bamboo flute, Sanshin)

Osamu Ohama( Vocal, Sanshin)

30th June (TOKYO)

venueJoenji-temple

address7-12-5 Nishi-shinjuku Sinjuku ward Tokyo

webhttp://www.tibethouse.jp/event/

at door¥2000

open18:30   live start19:00

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Mariko, Ayako Ikeda

1st July (IKEDA, NAGANO)

venueSHIPIRICA

address4164-1 Ikeda, Ikeda-cho, Kita-azumi gun, Nagano

webhttps://www.facebook.com/events/1924788424428879/

reservation¥2000   at door¥2500 only movie vewing¥1000

16:00 "Bringing Tibet Home" movie   live start19:00

musicinsTenzin Choegyal, Daifuku

reservationkikisosotibet@outlook.com

4th July (MATSUMOTO, NAGANO)

venueNatural Market TE-TO-TE

phoneTel. 0263-88-6936

address454-1 Shimo-okada, Okada, Matsumoto city, Nagano

webhttps://www.facebook.com/events/228583214297397/

reservation¥2000   at door¥2500

open18:30live start19:00

musicinsTenzin Choegyal, Padge

reservationkikisosotibet@outlook.com

5th July (KAMAKURA)

venueCafe & Bar Magokoro

phoneTel. 0467-38-7355

address2-8-11 Hase< Kamakura city, Kanagawa

webhttps://sites.google.com/site/magokorokamakura/magokoro-world

reserve & at the door¥2500

open19:00live start20:00

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Ikeda Ayako

reservationTel. 0467-38-7355

6th July (YOKOHAMA)

venueethnica

phoneTel. 045-983-1132

address25-1 Sakura-dai, Aoba word, Yokohama city, Kanagawa

webhttps://www.facebook.com/events/677179729149607/

reservation¥2500at the door¥2500

open19:30live start20:00

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Ikeda Ayako

reservationTel. 045-983-1132

9th July (TOKYO)

venueHibiki-doko

phoneTel. 042-445-0487

address6-6-13 Fuji-cho, Nishi-Tokyo city, Tokyo

webhttps://www.facebook.com/events/177184562806100/

reservation & at the door¥3000 (including 1 drink)

open18:00live start18:30

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Ikeda Ayako

reservationhibikidoko@gmail.com  Tel.042-445-0487

11th July (NAHA)

venueKashiwa-ya

address2-11-22 Matsuo,Naha-shi,Okinawa

phone098-869-8833

webhttps://www.facebook.com/kasiwayasyokudou

reservation¥2500   at door¥3000

open18:00   live start20:00

(50 sheets only)

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Mariko Sawai, Eyllie Yamamoto

reservation/contactokinawa.indianclassics@gmail.comYamaguchi

12th July (ISHIGAKI)

venueBar URUBE

addressTHOUSE 1F, 2425-10 Arakawa, Ishigaki-shi, Okinawa

phone0980-83-9070

webhttps://www.facebook.com/barurube

reservation¥2000   at door¥2500

open19:00   live start20:00

(40 sheets only)

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Eyllie Yamamoto

reservation/contactokinawa.indianclassics@gmail.comYamaguchi

14th July (IRIOMOTE)

venueOHARA junior high school

address29-2 Haiminaka, Taketomi-cho, Yaeyama-gun, Okinawa

reservation¥1000   at door¥1500

open19:00   live start19:30

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Mariko Sawai,  Eyllie Yamamoto

phone080-1081-3324Imamura

reservation/contact080-1081-3324Imamurasinginglotus@hotmail.com

15th July (GINOWAN)

venueCOTONOHA

address1-5-7 Akamichi, Ginowan-shi, Okinawa

phone098-893-7299

webhttps://www.cotonoha.com

reservation¥3000   at door¥3500

open18:00   live start20:00

(50 sheets only)

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Eyllie Yamamoto

reservation/contactokinawa.indianclassics@gmail.comYamaguchi

■about Okinawan 4 venues,11,12,14,15th July,  all show are free entrance for customers over 70 years old and under 15 years old.

Special Live

17th July (TOKYO)

venueOTOYA-KINTOKI

address】B1F 2-2-14 Nishi-Ogi-kita Suginami word, Tokyo

phone Tel. 03-5382-2020

webhttps://www.facebook.com/events/229361037569735/

at door¥3000

open16:30   live start17:00

musicinsTenzin Choegyal, Taro Terahara, Ayako Ikeda, Keisuke Muto, Charphasa, Atsuko Maeda...

C'mon and jump into the music!

2017年6月18日 (日)

【Eng.】 Concert in Okinawa

2017 A mighty singing voice
Beyond the Himalayas
Echoes to a home
Where he can not return
Tibetan musician, Tenzin Choegyal
is finally coming to Okinawa
with Japanese Bansuri Player, Taro Terahara
the first concert in Okinawa, 2017

■tour schedule

◎11th July (NAHA)
【venue】Kashiwa-ya
【address】2-11-22 Matsuo,Naha-shi,Okinawa
【phone】098-869-8833
【web】https://www.facebook.com/kasiwayasyokudou
【reservation】¥2500   【at door】¥3000
【open】18:00   【live start】20:00
(50 customers only)
【musicins】Tenzin Choegyal, Taro Terahara, Mariko, Sawai, Eyllie Yamamoto

◎12th July (ISHIGAKI)
【venue】Bar URUBE
【address】THOUSE 1F, 2425-10 Arakawa, Ishigaki-shi, Okinawa
【phone】0980-83-9070
【web】https://www.facebook.com/barurube
【reservation】¥2000   【at door】¥2500
【open】19:00   【live start】20:00
(40 customers only)
【musicins】Tenzin Choegyal, Taro Terahara, Eyllie Yamamoto

◎14th July (IRIOMOTE)
【venue】OHARA junior high school
【address】29-2 Haiminaka, Taketomi-cho, Yaeyama-gun, Okinawa
【reservation】¥1000   【at door】¥1500
【open】19:00   【live start】19:30
【musicins】Tenzin Choegyal, Taro Terahara, Osamu Ohama, Eyllie Yamamoto
【phone】080-1081-3324(Imamura)
【mail】singinglotus@hotmail.com

◎15th July (GINOWAN)
【venue】COTONOHA
【address】1-5-7 Akamichi, Ginowan-shi, Okinawa
【phone】098-893-7299
【web】https://www.cotonoha.com
【reservation】¥3000   【at door】¥3500
【open】18:00   【live start】20:00
(50 customers only)
【musicins】Tenzin Choegyal, Taro Terahara, Eyllie Yamamoto

■All show are free entrance for customers over 70 years old and under 15 years old.
■reservation/contact
okinawa.indianclassics@gmail.com(Yamaguchi)
※please contact here only for the reservation of OHARA junior high school in Iriomote.
080-1081-3324(Imamura)
singinglotus@hotmail.com


2017_2
■Musician's Profile
◎ Tenzin Choegyal (Voice, Dranyen, Limbu)
In 1997, Tenzin Choegyal  came to Australia with little more than a bag, his Dranyen and a voice full of passion for Tibet. His raw talent soon caught the attention of the directors of that country’s largest folk festival, Woodford Folk Festival where he still plays to packed audiences each year.  Over the years, Tenzin has created a successful international career as a musician, playing at such prestigious events as the WOMAD festivals as well as several Concerts for Tibet at Carnegie Hall, New York.
In addition to his much loved solo performances, Tenzin has been an avid collaborator with musicians from diverse cultures,traditions and genres.  From classical, contemporary to ancient traditional, Tenzin embraces opportunities to take his music to uncharted territory both in the studio and on stage.  Tenzin has six independent album releases, and his much anticipated new album will be launched at  Woodford Folk Festival (2014-15).
In 2009 Tenzin founded the annual Festival of Tibet which showcases Tibetan culture through music, film, art and discussion.  Tenzin was musical director for the Asia Pacific Screen Awards in 2011 and 2013 and has written and performed soundtracks for numerous TV shows, films and documentaries. Through his music and cultural activities such as the Brisbane Festival of Tibet, Himalayan Film Festival and Women with Wisdom concert series (Sydney Opera House, Federation Square) Tenzin has increased the profile of Tibetan culture and the struggle for self-determination amongst people throughout Australasia and beyond.

◎ Taro Terahara (Bansuri)
Taro Terahara is one of the leading musicians in the thriving and highly competitive Indian classical music scene in Japan.
In 1992 he became a student of the long-time disciple of Pt. Hariprasad Chaurasia, Mr. Hiroshi Nakagawa.
In 1996 he became a disciple of the late Pt. Nikhil Bannerjee’s acclaimed student, Sri Amit Roy in Japan. Sri Amit Roy guided and refined Mr. Terahara’s musical talents with dedication and passion, carefully instilling the deep and meaningful soul of the music of his lineage. Mr. Terahara’s combined inner resolve and innate musical talent made him a fast and intuitive learner, so much so that in 2005 Sri Amit Roy recommended he record his first solo CD “Air” in Kolkata to the accompaniment of the great tabla maestro, Pt. Anindo Chatterjee.
Taro Terahara as a student in the long line of Maihar gharana is a unique and deep individual whose music crosses boundaries and blends souls.

◎ Osamu Ohama (Voice, Sanshin)
Osamu Ohama is a teacher of Yaeyama classical folk music preservation society. he started to learn under Choyo Osoko.
the Champion of Tubarama singer competition in 1982
the Champion of Yaeyama classical folk singer competition
obtaining licence of a teacher of Yaeyama classical folk music preservation society.
The holder of Intangible Cultural Property by Okinawa prefecture in 2015
Osamu Ohama came back to his hometown, Iriomote-island and established Osamu Ohama institution and started his class in Iriomote since 2011.
nowadays he is endevering to teach for successor upbringing and performing with his disciples on many stages and charity concerts not only in Okinawa.

◎ Mariko Sawai (Voice, Ryukyu Flute, Sanshin)
Mariko Sawai is singer and a flute teacher of Ryukyu classical music of Afuso school. she graduated from the department of Ryukyu traditional performing arts, Okinawa University of the arts.
She is performing the Ryukyu classical dance, play, Kumi-odori as a singer with Sanshin. and also creating her original songs and playing on the stages. One of her original song [Akagi no inori] got the 1st prize in Campus Record web shopping in December, 2012. this song was played in the airpnaes of Japan Trance Ocean Air in March to April in 2014 and hit the listners feelings very much.
the Champion of Yaeyama classical music competition in the Sanshin category (2009)
the Champion of Ryukyu classical music competition in the Flute category (2013)
the Champion of Ryukyu classical music competition in the Sanshin category (2014)
Mariko Sawai official web site  http://sawaimariko.jp/
Mariko Sawai official blog  http://oomari34.at.webry.info/

◎ Eyllie Yamamoto
Eyllie Yamamoto was Born in Shimizu, Shizuoka prf. and grew up in Yokohama, and residing in Okinawa since 2013.
Her music started with playing classical piano and singing from a young age. She has been singing in various bands and have live performances and recordings.
She encountered Indian classic music in 2007 and started learning its vocal under Taro Terahara in Japan.Next year she went to India, and be accepted as a deciple by Ud.Jainul Abedin in Kolkata.
Eyllie also learns Japanese folk music, Minyo from Yoko Mikado.
Now she performs as a vocalist in Okinawan band [NANGOKU SALON].

2017年6月 6日 (火)

Tenzin Choegyal Japan Tour 2017 沖縄ツアー詳細

2017_5

2017_6

その圧倒的な歌声は
ヒマラヤを越えて
還れない故郷へ
届けと響く

チベット人ミュージシャン 
テンジン・チョーギャル
バーンスリー奏者 寺原太郎と共に
2017 沖縄初公演


ツアー日程

711日(火)那覇

【会場】柏屋
【住所】沖縄県那覇市松尾2丁目11-22
【電話】098-869-8833

【HP】https://www.facebook.com/kasiwayasyokudou

【予約】2500円 【当日】3000円 (50名限定)
【開場】18:00   【開演】20:00

【出演】テンジン・チョーギャル、寺原太郎、澤井毎里子、山本英里

★「柏屋」は多国籍料理の食堂です。化学調味料をなるべく使わない、体にやさしく美味しいお料理を、リーズナブルなお値段でお楽しみ頂けます。この夜は、琉球古典笛・三線師範、唄者、澤井毎里子が出演。琉球の笛、チベットの笛、インドの笛のコラボレーションをお楽しみ頂けるのは、この夜だけです!

712日(水)石垣

【会場】Bar うるべ
【住所】沖縄県石垣市新川2425-10 THOUSE 1F
【電話】0980-83-9070

【HP】https://www.facebook.com/barurube

【予約】2000円 【当日】2500円 (40名限定)
【開場】19:00   【開演】20:00

【出演】テンジン・チョーギャル、寺原太郎、山本英里

★言わずと知れた、熱気あふれるライブが魅力の石垣島のバーうるべ。マスター、キースさんの友情に溢れたステキなお店です。テンジン・チョーギャルの声が、お店の至るところ、グラスひとつひとつまで、愛おしさを響かせます。

714日(金)西表

【場所】大原中学校 体育館
【住所】沖縄県八重山郡竹富町南風見仲29-2

【予約】1000円 【当日】1500
【開場】19:00   【開演】19:30

【出演】テンジン・チョーギャル、寺原太郎、大浜修、山本英里

予約・問合せ(西表の公演のみ、以下までお願い致します)
【電話】080-1081-3324(西表文化交流推進会・今村)
mailsinginglotus@hotmail.com

★西表島公演は、古見のハーブ園「Natures Delight」今村さんと「西表文化交流推進会」を中心とした、西表島の多くの方々のご協力のもと開催に至りました。八重山古典民謡保存会師範、大浜修先生とお弟子さん方にもご出演頂きます。同じルーツを持つ三弦楽器、チベットのドラニェンと沖縄の三線。その響きの類似もお楽しみください。

一夜限り、みんなで故郷を思う夜。西表島からそれぞれの故郷へ、思いが響き渡ります。


715日(土)宜野湾

【会場】Cotonoha
【場所】沖縄県宜野湾市赤道1-5-7
【電話】098-893-7299

【予約】3000円 【当日】3500円 (50名限定)
【開場】19:00   【開演】19:30

【出演】テンジン・チョーギャル、寺原太郎、山本英里

★コトノハでは、オーストラリアの国営で放送された、テンジン・チョーギャルのドキュメンタリー映像(30分)を1940分頃から上映致します。皆さんと共にヒマラヤへの道を歩き、思いを重ね、その後、テンジン・チョーギャル本人のライブをごゆっくりお楽しみ頂きたいと思います。

駐車場に関して 
コトノハの駐車場は、縦列で15台までです。公共の駐車場をご利用頂く場合もございますので、出来るだけお乗り合わせの上、お越しくださいますようお願い致します。


全公演 70歳以上、中学生以下無料

ご予約/お問合せ
okinawa.indianclassics@gmail.com(山口)

西表・大原中学校の公演に限りましては、以下までお願い致します。
080-1081-3324(今村) singinglotus@hotmail.com


出演者

◎テンジン・チョーギャル Tenzin Choegyal (ドラニェン、リンブー、うた)

Tenzin_3 チベットとネパールの国境の国、ムスタン出身。子供の頃に父親を亡くし、母親、兄弟とともにヒマラヤの麓、ダラムサラ(インド)に移住。16年前よりオーストラリアに拠点を移し音楽活動を始める。2001年、ダライ・ラマ14世が提唱した「世界聖なる音楽祭2001」(インド・バンガロール)に出演。その後もオーストラリア・ニュ-ジーランドで開催される文化イベント・コンサ-ト及びミュ-ジックフェスティバルに多数出演。ニューヨークのカーネギーホールで開催されている Tibet's houses benefit annual concert には5年前よりほぼ毎年出演。昨年はパティ・スミス、フィリップ・グラスととともに来日、すみだトリフォニーでコンサートを行 い、1300人の観衆を魅了した。地元オーストラリアでは2009年より Brisbane Festival of Tibet、ヒマラヤ映画祭、シドニーのオペラハウスでの Women with Wisdom concert series を主催。ヒマラヤの山々に響きわたるような圧倒的な歌声は、チベット人シンガーの中でも抜きん出ている。

http://www.tenzinchoegyal.com



◎寺原
太郎 Taro Terahara (バーンスリー)
Taro_4 1992年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏 に師事。 2006年より継続的にオーストラリア最大のフォークフェスティバル Woodford folk festivalに出演。2007年には坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」に出演。映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(20122014)、スーパー歌舞伎「ワンピース」(2015)等で挿入曲を演奏。インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。タブラ奏者のU-zhaan、ウード奏者常味裕司、チベット人シンガー テンジン・チョーギャルらと共演を重ねる。インド古典音楽の深い理解に基づく叙情的かつダイナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。テンジン・チョーギャル氏とは2006年以来毎年日豪を往復し共演。デュオCDに「Snow Lion」があるほか、チョーギャル氏制作の最新CDHeart Strings」にも参加している。

http://srgmtaro.jimdo.com

◎大浜   Osamu Oohama (唄、三線)714 西表・大原中学校体育館出演】

19073759_10155496358677764_100981_2 八重山古典民謡保存会師範。
昭和50年、大底朝要氏に師事。
とぅばらーま大会チャンピオン(昭和57年)
八重山古典民謡コンクール最優秀賞受賞
八重山古典民謡保存会師範免許取得
沖縄県指定無形文化財「八重山古典民謡」保持者(平成27年)

平成23年より地元西表に戻り、大浜修研究所西表教室を開設。
後継者育成に努め、弟子と共に島内外でチャリティ公演やライブ活動を行っている。


◎澤井 毎里子 Mariko Sawai(唄、笛、三線)
711 那覇・柏屋 出演】

18986546_10155487527077764_364680_4歌手。琉球古典音楽安冨祖流笛師範。同流三線師範。
沖縄県立芸術大学(琉球芸能専攻)卒業。

国立劇場おきなわをはじめとする数々の劇場にて琉球舞踊、沖縄芝居、組踊等の地謡として活動すると同時に、シンガーソングライターとしてオリジナル楽曲の制作を行い、ライブステージでも活動中。オリジナル曲「アカギノイノリ」はキャンパスレコードWEBショッピング部門で1位獲得(201212月)。同曲は、20143月~4月のJTA(日本トランスオーシャン航空)の機内音楽として採用され話題に。

【コンクール受賞歴】
八重山古典音楽コンクール(三線部門)最高賞(2009年)
琉球古典音楽コンクール(笛部門)最高賞(2013年) 
琉球古典音楽コンクール(三線部門)最高賞(2014年)

『澤井毎里子』公式WEBサイト http://sawaimariko.jp/
『おおまりブログ』(澤井毎里子公式ブログ) http://oomari34.at.webry.info/


◎山本
英里  Eyllie Yamamoto  () 【全公演 出演】

Photo_2 4歳よりピアノ、13歳より西洋声楽を学ぶ。07年より北インド古典声楽を寺原太郎氏に師事。翌年よりインドにてアグラ流派 Ud.Jainul Abedin氏に師事。09年より日本民謡を錦濤会2代目ミカド洋子氏に師事。去年より念願のJAZZの世界に足を踏み入れた。沖縄の幻のバンド「南国サロン」ヴォーカル担当。テンジン・チョーギャル氏とは、東京・アサヒアートスクエアでのコンサート「Snow Lion~遥かなる歌声~」以来、5年ぶりの共演となる。

Tenzin Choegyal Japan Tour 2017 Heart Strings

Tenzin2
そのリズムは身体を巡り

その祈りは宇宙を巡り
その声は大地を駆けて遥か

今年もあの歌声がやってくる!

Tenzin Choegyal Japan Tour 2017
Heart Strings

●6/30(金) 新宿 「チベットの歌」
出演:Tenzin Choegyal 、寺原太郎 、池田絢子(タブラ)
会場:常圓寺 新宿区西新宿7丁目12-5
18:30open 19:00start ※予約不要   参加費:2,000 
主催:NPOチベットハウス・ジャパン
イベント情報ページ(チベットハウスジャパンHP内)

 

●7/1() 北安曇 「テンジン・チョーギャル×大福 Live」
会場:池田町 シピリカ
16:00~「ブリンギング・チベット・ホーム」上映
19:00~20:30 ライブ
     テンジン・チョーギャル×大福(熊坂義人(con)スパン子(acc)ほうすけ3(dr)
予約¥2,000 当日¥2,500 映画のみ¥1,000
予約先:kikisosotibet@outlook.com(柳田)
https://www.facebook.com/events/1924788424428879/

●7/4() 松本「テンジン・チョーギャル×Padge Live」
出演:Tenzin Choegyal Padge The Road」上映有り
会場:松本 ナチュラルマーケットてとて
松本市岡田下岡田454-1 18:30 open 19:00 start
参加費:予約2,000円、当日2,500
予約先:kikisosotibet@outlook.com(柳田)
https://www.facebook.com/events/228583214297397/



●7/5(水)鎌倉「Heart Strings Live」
出演:Tenzin Choegyal 、寺原太郎、池田絢子
会場:cafe & bar 麻心 鎌倉市長谷2-8-11 2F
19:00 open 20:00 start  40人限定 参加費:2,500   
予約先:Tel.0467-38-7355(麻心)

●7/6(木)横浜「Heart Strings Live」
出演:Tenzin Choegyal 、寺原太郎、池田絢子
会場:エスニカ ethnica  横浜市青葉区桜台25−1     
19:30 open  20:00 start   予約2,500円 当日3,000円   定員:40名
予約:Tel.045-983-1132(エスニカ)
https://www.facebook.com/events/677179729149607/

●7/9(日) 西東京「チベット、遥かなる歌声」
with 寺原太郎(バーンスリー)

会場:響き床 西東京市富士町6-6-13
18:00open 18:30 start  3,000円(1drink付)
予約:hibikidoko@gmail.com Tel.042-445-0487 (響き床 遠山)
Facebookイベントページ

●沖縄八重山ツアー with寺原太郎

Tenzin Choegyal ×寺原太郎 沖縄初公演
→沖縄八重山ツアー詳細ページへ

出演:Tenzin Choegyal、寺原太郎、山本英里() 大浜修(唄、三線)7/14、澤井毎里子(唄、笛、三線)7/11

7/11()那覇 柏屋
那覇市松尾2-11-22   Tel.098-869-8833
18:00 open  20:00  start 50人限定   
予約2,500円、当日3,000+1drink オーダー
予約先:okinawa.indianclassics@gmail.com   

7/12()石垣 Barうるべ
石垣市新川2425-10  Tel.0980-83-9070
19:00 open  20:00start  40人限定 
予約2,000円、当日2,500+1drink オーダー 
予約先:okinawa.indianclassics@gmail.com 

7/14()西表 大原中学校 体育館 
八重山郡竹富町南風見仲29-2 
19:00 open  19:30 start   
予約1,000 当日1,500 
予約/お問合せ先 singinglotus@hotmail.com 
080-1081-3324(西表文化交流推進会 今村)

7/15()宜野湾 COTONOHA
宜野湾市赤道1-5-7 Tel.098-893-7299
19:00 open  19:30 start  50人限定
予約3,000 当日3,500 +1drink オーダー
COTONOHAでは演奏前にオーストラリア国営放送で放送 されたテンジン・チョーギャルのドキュメンタリー「The  Road」を上映します(日本語字幕付/30) 
予約先:okinawa.indianclassics@gmail.com

7/17(/)西荻窪「T&Y 20th Special Live
出演:Tenzin Choegyal(歌、ドラニェン他)、寺原太郎 (バーンスリー)、武藤景介(シタール)、池田絢子(タブ )、ちゃるぱーさ(アフガニスタン音楽)  
会場:音や金時 杉並区西荻北2-2-14 B1F
16:30open 17:00start 参加費3,000
※予約不要です。直接会場にお越しください。
https://www.facebook.com/events/229361037569735/


 

+++ Profile +++ photo by Hideki Kurita

テンジン・チョーギャル Tenzin Choegyal (チベット人シンガーソングライター)

13327536_613819028773869_72699155_4 チベットとネパールの国境の国、ムスタン出身。子供の頃に父親を亡くし、母親、兄弟とともにヒマラヤの麓、ダラムサラ(インド)に移住。

16年前よりオーストラリアに拠点を移し音楽活動を始める。
2001年、ダライ・ラマ14世が提唱した「世界聖なる音楽祭2001」(インド・バンガロール)に出演。その後もオーストラリア・ニュ-ジーランドで開催される文化イベント・コンサ-ト及びミュ-ジックフェスティバルに多数出演。
ニューヨークのカーネギーホールで開催されている Tibet's houses benefit annual concert には5年前よりほぼ毎年出演。昨年はパティ・スミス、フィリップ・グラスととともに来日、すみだトリフォニーでコンサートを行い、観衆を魅了した。
地元オーストラリアでは2009年より Brisbane Festival of Tibet、ヒマラヤ映画祭、シドニーのオペラハウスでの Women with Wisdom concert series を主催。チベット人監督による映画「Bringing Tibet Home」(テンジン・ツェテン・チョクレイ監督)、「草原の河」(ソルタンジャ監督)など多くの映画に楽曲を提供している。
ヒマラヤの山々に響きわたるような圧倒的な歌声は、チベット人シンガーの中でも抜きん出ている。
http://www.tenzinchoegyal.com/

寺原太郎(バーンスリー奏者)

13321999_613819355440503_14497296_4 1992年より巨匠ハリ・プラサード・チョウラスィア師の弟子である中川博志氏に、96年より巨匠ニキル・ベナルジー師の愛弟子H.アミット・ロイ氏に師事。
2006年より継続的にオーストラリア最大のフォークフェスティバルWoodford folk festivalに出演。2007年には坂本龍一プロデュース「ロハス・クラシックコンサート」に出演。
映画「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ永遠に」(2011)、映画「るろうに剣心」(2012、2014)、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」(2015)等で挿入曲を演奏。インド、オーストラリア、南米、北米をはじめ国内外で演奏活動を行う。タブラ奏者のU-zhaan、ウード奏者常味裕司、チベット人シンガーテンジン・チョーギャルらと共演を重ねる。インド古典音楽の深い理解に基づく叙情的かつダイ ナミックな演奏で、各方面より高い評価を受ける。
テンジン・チョーギャル氏とは2006年以来毎年日豪を往復し共演。
デュオCDに「Snow Lion」があるほか、チョーギャル氏制作の最新CD「Heart Strings」にも参加している。
http://srgmtaro.jimdo.com/

«Tenzin Choegyal Japan Tour 2017